腰痛中の筋トレメニューはコレ!ぎっくり腰復帰でも怖さを克服!

ぎっくり腰が、原因の腰痛もだいぶ痛みが和らいで来ました。まだ不安は、ありますが、自分なりに体験した中で腰痛中でも腰に普段をかけずに効率の良い筋トレメニューを組む事が出来ました。

先週1週間で最終的に色々試して金曜日の時点で『これなから腰痛中の筋トレでも大丈夫!』と自信を持てましたので紹介をして行きます。

Sponsored Links

腰痛中の筋トレメニュー

腰痛 筋トレ

◆上腕二頭筋
・ハンマーカール 10㎏×12回→9㎏12回→8㎏12回 左右合計3セット
・ダンベルカール 10㎏×12回→9㎏12回→8㎏12回 左右合計3セット
◆大胸筋
・インクラインダンベルフライ 12㎏×12回 3セット
・インクラインダンベルベンチプレス 12㎏×12回 3セット
◆上腕三頭筋
・オーバーヘッド・トライセプスエクステンション 6㎏×12回
◆三角筋
・サイドレイズ 6㎏×12回 3セット
・フロントレイズ 6㎏×12回 3セット
◆下半身
・ダンベルスクワット 13.5㎏×10回 3セット
◆腹筋
・ニートゥーチェスト 30回×2セット
・クランチ 30回×2セット


上記が管理人が試して行った中でぎっくり腰治療中でも腰に負担をかけずに行える筋トレメニューになります。今週から上記筋トレメニューを2分割で行う予定です。

筋トレ終了後は腰が気持ち良い

ぎっくり腰治療中は腰の筋肉が固まった感じがして常に違和感を感じながらの治療になりますが、筋トレをする事に腰の筋肉が和らぎ筋がストレッチされるので筋トレ終了後は整形外科のリハビリ機終了後の気持ち良さを上回るくらいに腰がスッキリします。

今管理人が意識しているのは、ぎっくり腰に良い姿勢(整形外科先生に教えてもらった方法)を常に保つ事によりある程度の筋トレは可能なのかな?と感じながらチャレンジをしております。

Sponsored Links

無理をしない事が重要

多分この筋トレメニューを見て筋トレ上級者の方からすると本当に大丈夫なの?と思う方も正直多いと思いますが、何もやらずに筋力が衰えるより以前の重さより軽くしたりやり方を変える事で自分なりには大丈夫と判断をして筋トレを行っております。

今後この筋トレメニューをこなして行く上で少しでも腰に違和感を感じた時は、すぐに筋トレを中止する事を決めております。

今の管理人は、チャレンジャーなので色々な状況で自分が自ら経験したを試しながら成長して行きたいと思っておりますので今回のぎっくり腰も良い経験として今後に行かせて行ければと思っております。

最後に

2ヵ月間で-10.15㎏のダイエットに成功して体脂肪率も11%台まで下げ筋トレ初心者としてここまではかなり順調に体を変化させたと思っておりました。

しかしぎっくり腰になりやる気が無くなり食事管理もメチャクチャで暴飲暴食を繰り返していた為に腹回りに脂肪がついてる状況です。

多分ここで諦めてしまったらまた8ヶ月前の中年太り肥満状態に逆戻りしてしまうと思う事によりぎっくり腰の痛みが和らいで行く事で筋トレに対してのやる気も戻って来ました。

やる気は戻りましたが、1度暴飲暴食をすると食べ癖が付いてしまい本当にぎっくり腰前の食事に戻せるのかの不安はあります。

不安だからこそ克服をしてチャレンジして行く事が重要だと思うと共にぎっくり腰が原因の腰痛中でも可能な筋トレメニューを作れた事に対して嬉しさもあります。

今回作った筋トレメニューをしっかり行いベストボデイ・ジャパン2015のエントリーを目指して頑張りたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ