三角筋を鍛え広い肩幅を作る筋トレ!フロントレイズで目指せ吉川晃司!

世代にもよると思いますが、肩幅の広い有名人と言えば管理人のカイ世代は、歌手の吉川晃司さんをイメージする方が多いと思いますが、如何でしょうか?

吉川晃司さんは、私が高校生の頃衝撃的なデビューでその後も芸能界の第一線を走り続けておりますが、現在日々体を鍛え筋トレを趣味としてカッコイイボディを目指す管理人のカイからすると吉川晃司さんの肩幅の広さは本当に憧れます。

三角筋を鍛えて肩幅を広くする筋トレとして評価されているのが、フロントレイズで管理人のカイも日々の筋トレメニューに含めているトレーニングの1つでもありますで紹介をして行きます。

Sponsored Links

フロントレイズで鍛えられる筋肉

広い肩幅

筋トレのターゲットⅠ 三角筋
筋トレのターゲットⅡ 大胸筋鎖骨部(大胸筋上部)
筋トレのターゲットⅢ 僧帽筋
筋トレのターゲットⅣ 前鋸筋


フロントレイズは、赤部三角筋・青部 大胸筋鎖骨部(大胸筋上部)・紫部僧帽筋・黄色部・ 前鋸筋をターゲットにしたトレーニングです。

フロントレイズのやり方を写真で解説

肩幅を広く フロントレイズ
脚を肩幅に開いて立って膝を軽く曲げ肘を軽く曲げてダンベルを持ちます。


フロントレイズ肩幅
息を吐きながらゆっくりとダンベルを(肩と平行になるまで)上げて行きます。


三頭筋 肩幅を広くする

ダンベルを下げる時もゆっくりを心掛け常に三角筋を意識しながら上下の運動を繰り返します。

⇒フロントレイズの詳しいやり方動画はこちら!


Sponsored Links

フロントレイズを筋トレする際のポイント
  • 背筋を伸ばて胸を張った姿勢を心掛けながら動作を行う
  • 常に三角筋を意識してゆっくりと前方へ上げて行く
  • 肩の高さまでダンベルを上げたらゆっくりと下して行く
  • 動作中は常に肩周りを意識する事を心掛ける

回数目標 10回~12回×3セット

フロントレイズは、三角筋・大胸筋鎖骨部の強化を目指す筋トレで肩・胸上部の引き締めや肩幅を広くする効果があります。

しっかりフロントレイズを行う事により肩幅の広いボディが期待出来ますので吉川晃司さんのようなカッコイイ広い肩幅を目指しましょう!

最後に

フロントレイズは、動画で見るより実際に筋トレをすると見た目以上にキツイ筋トレの1つだと感じております。

現在管理人は、6㎏のダンベルを使用して10回~20回を3セットをフロントレイズの筋トレしておりますが、最後の3セット目は上がるか上がらないかの寸前くらいまで追い込まれております。

ぎっくり腰前は、ダンベルフライとダンベルプレス20㎏で胸にダンベルを乗せる腹筋も20㎏ダンベルスクワットも20㎏で行っておりましたのでダンベル6㎏は、軽いイメージを持っておりましたが、フロントレイズの場合効かせる筋肉が異なるので軽くても本当にキツイ筋トレだと実感しております。

今後もフロントレイズでしっかり三角筋を鍛えてカッコイイ広い肩幅を目指して行きたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ