肩幅を広く見せる筋トレはコレ!サイドレイズで三角筋を鍛える!

これから夏に向かい薄着の季節に突入でゴールディウィークには、半袖を着る機会も大変多くなって行く時期になります。

半袖と言ったら日々トレーニングをしている方からすると楽しみな季節で特にホディラインのはっきりするTシャツを着たいとの願望が大きくなる時期だと思います。

管理人のカイも今年に入り既にピッタリタイプのTシャツを2枚購入して47才中年男ですが、最近は、着る服のファッションも楽しんでおります。

Tシャツの着こなしで最も重要なのが、ボディとのフィット感だと思いますが如何でしょうか?Tシャツの着こなしでカッコイイと思えるのが太い腕や厚い胸板そして今回紹介する広い肩幅です。

肩幅が広いとボディ全体のバランスも良くなり男性の場合は、スーツを含めたどんな服を選んだとしても似合う体系の第一歩になります。

肩幅の広いボディ憧れますよね!肩幅は、筋トレをする事で広くする事が可能なので今回は、三角筋を鍛えて肩幅を広くする筋トレのサイドレイズを紹介して行きます。


Sponsored Links

サイドレイズで鍛えられる筋肉

肩幅 筋トレ

◆ 筋トレのターゲットⅠ 三角筋
◆ 筋トレのターケットⅡ 僧帽筋


サイドレイズは、赤部分三角筋・青部分僧帽筋をターゲットにしたトレーニングです。

サイドレイズのやり方を写真で解説

サイドレイズやり方
ダンベルを両手で持って肘を軽く曲げ足は肩幅くらいまで開いき上半身は、少し前傾気味にします。


肩幅筋トレ

ゆっくりと肘を軽く曲げた状態で上げて行きます。真横に上げると肩に負担がかかるので少し斜め前に上げるのがポイントです。


サイドレイズ肩幅筋肉

ダンベルを上げる高さは肩と並行が目安になり上げ過ぎると肩に負担がかかるので注意が必要です。先日丸の内スタイルでトレーニング中トレーナーに方を上げ過ぎだと注意されました。

サイドレイズは、重いダンベルを高く上げれば良いと思っていた管理人だったのでトレーナーに声をかけて頂き本当に良かったと思いました。

⇒サイドレイズの詳しいやり方の動画はこちら!


Sponsored Links

サイドレイズを筋トレする際のポイント
  • 背筋をしっかり伸ばす。
  • 胸を張った姿勢を心掛ける
  • 肘を少し曲げた状態で行なう
  • 三角筋の筋肉を意識しながら横方向へゆっくりと引き上げて行く
  • 肩の高さまで上げた後はゆっくりと下ろして行く
  • 肩幅を広くする筋トレだと認識しながら常に肩周りを意識する

回数目標 10回~12回×3セット

最も重要なポイントは、常に頭の中で肩幅を広くする筋トレだと言う事を認識しながら1つ1つの動作を丁寧に三角筋の筋肉を意識する事が大切です。

最後に

三角筋を鍛えて肩幅を広くする事を目指す筋トレのサイドレイズは如何だったでしょうか?管理人は、現在ぎっくり腰で上半身だけの筋トレしか出来ない為に腰に負担のかからない筋トレとしてサイドレイズをトレーニングメニューに入れております。

サイドレイズを行う時も鏡の前でフォームをチェックしながら行うのですが、腕を上げる動作の際胸筋が前に出るイメージなので自分のボディがとてもカッコ良く鏡にうつるので好きな筋トレの1つでもあります。

今後も鏡にうつる自分に酔いながら三角筋をサイドレイズで鍛えて広い肩幅を目指して行きたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ